やっとこれで落ち着きそうです。

MS-DOSからWindowsに換わったときもこんな感じでした。

ファイル管理ソフトの話です。実はパソコンで作業をするときに一番よく使ってるのがこのファイル管理ソフトなのです。

圧縮、解凍。ファイルのコピー、移動、削除。フォルダーの作成。画像のプレビューなど。仕事がら、これらの作業は頻繁に行います。

そんなとき、このファイル管理ソフトがしっくりこないと作業に影響が出てきます。

Windowsを導入してからは、いろいろなファイル管理ソフトを使ってきましたが、2006年にFileVisorを使い始めてからはずっとこれに落ち着いていました。

ところが、Windows10になってからは圧縮が動作してくれません。コンテキストメニューに表示される圧縮はきちんと動作するのにツールバーから起動するとフリーズしたようになってしまうのです。

FreeCommander XE 2018

2018年04月25日(水曜日)
FreeCommander XE 2018 Build 770 32-bit publicについての記録です。


FileVisorはアップデートが止まっているようですので、代わりのファイル管理ソフトを探していたのですが、やっと見つけました。

  • ツールバーがあって自分好みにカスタマイズできる。
  • ドライブレターのボタンがある。
  • ツールバーに圧縮、解凍がボタンが登録できる。
  • ツールバーにフォルダー作成ボタンが登録できる。
  • 画像ファイルのプレビューができる。
  • お気に入りフォルダーの登録ができる。

基本的な作業なのですが、意外と見つからなかったのです。

FreeCommanderは、パネルを2分割表示できるのですが、これは思っていた以上に便利でした。

FreeCommanderでCAB形式の圧縮

今のところ、圧縮と解凍についてはZip形式とCAB形式さえ扱えればいいのですが、FreeCommanderにはCAB形式の圧縮ファイルを解凍する機能は組み込まれていなかったのでプラグインを使う必要があります。

これは、「Total7Zip」というプラグインで実現できました。

でも、解凍はできるのですが、圧縮ができません。

そこで、「Lhaplus」を使うことにしました。

FreeCommanderのツールバー設定
あとは、「FreeCommander」の『お気に入りツールバーをカスタマイズ…』で上の画像のように設定することで、思い通りの操作を実現できました。

今まで、圧縮、解凍はファイル管理ソフトに組み込まれていたので、単独で圧縮、解凍ソフトというのは使ったことがなかったのですが、「Lhaplus」いいですね。

単独で使っても操作しやすいし、きめ細かい設定ができてファイル管理ソフトとの組み合わせもバッチリです。


今日のピックアップ

ファイル管理ソフトと並んでよく使うのがエディター。
秀丸エディターは、Windows導入のころから愛用しているエディターのひとつ。
現在も精力的に更新されていて、アップデートのたびにわくわくさせられます。
それがなんと、秀丸エディタ、秀丸メール、秀丸エディタと秀丸メールの機能をさらに拡張する数種類のアドインアプリケーション。秀丸ファイラーClassic、秀丸アマゾンサーチなど9種類のソフトウェアをセットにしたお得なスーパーライセンスパックがAmazonで販売されているとは。
ファイル管理ソフトも入っているではありませんか。