Classic Shellは、Windows8やWindows10でスタートメニューをWindows7風に変更してくれるソフトです。

Windows10のスタートメニューにはどうしてもなじめずに「Classic Shell」を使っていました。

ところが今知ったのですが、2017年12月に開発者が、Classic Shellの開発を終了すると発表しているではありませんか。

バージョン4.3.1が最終バージョンとなるようです。

困

それはそれは、残念ですね~。

  • 主要機能を追加したり、関連性を保つための時間が取れなくなった。
  • Windows 10の更新頻度が高すぎ、その対応に時間がかかること。
  • Windowsの新しいバージョンが、古典的なWin32プログラミングモデルから遠ざかり、同じカスタマイズが困難になってきたこと。

が理由だそうです。

また、この発表とともにソースコードのMIT Licenseでの公開がされています。


今日のピックアップ

今日はキーボードのご紹介です。
知る人ぞ知る東プレのキーボード。一度使うと離れられません。
言葉で説明できないのですが、タッチ感というのか、打鍵したときの感じがぴったりフィットするというか。
丈夫なので毎年キーを取り外しては洗い、もうずいぶん長く使わせてもらってます。