2018年05月10日(木曜日)

更新ブログラム
WindowsUpdateの催促が来たので、実施することにしました。

Intel Core i5-4440 CPU 3.10Ghzのパソコンで、2時間かかりました。

Windowsファイアウォールとスーパーセキュリティファイアウォールの両方が無効

2018年05月11日(金曜日)

更新後、「Windowsファイアウォールとスーパーセキュリティファイアウォールの両方が無効」とメッセージが表示されるようになりました。
ファイアウォールのオプション
確認してもスーパーセキュリティファイアウォールの設定はオンになっているので、このまま様子を見ることにします。

スーパーセキュリティを再インストール

2018年05月23日(水曜日)

パソコンを起動するたびに表示される「Windowsファイアウォールとスーパーセキュリティファイアウォールの両方が無効」のメッセージ。

さすがに目障りになってきたので、調べることにしました。

「スーパーセキュリティ」販売元のサポートページに案内がありました。

スーパーセキュリティ再インストール
再インストールで解決するようです。

案内ページに記載されているリンク先には、アンインストールツールと再インストルー用のファイルをダウンロードすることができます。

指示通り、再インストールした後は「Windowsファイアウォールとスーパーセキュリティファイアウォールの両方が無効」のメッセージは出なくなりました。
解決!


今日のピックアップ

HDDクローンを作成するのに使っている装置。
1TBをコピーするのに約2時間半かかっています。

Windowsアップデートの前にこれでバックアップしておけば、たとえ不具合があってパソコンが起動しなくなっても確実にアップデート前の状態に戻せます。
今までは、めんどくささもあって年に数回しかこのバックアップはとってなかったのですが、これからはアップデートの前には必ずバックアップするようにします。


これをパソコンのドライブベイに取り付けて、HDDを取り出しやすくしています。
※PCケースの形状によっては、取り付けはできても引っかかって取り出せないことがありますので、購入するときは注意してください。ふたがついているようなタイプはまずダメだと思います。