先日、Windows10が起動しなくなるというトラブルに見舞われました。

セキュリティーソフトを再インストールしようとしていたときのことです。

アンインストールが完了し、いったんパソコンを再起動しようとしたところで起動してくれなくなりました。

メーカーのロゴの表示が消えたあと、カーソルがくるくる回っている状態から先へ進みません。

起動しなくなったWindows10からの復旧

先に結論からお話ししますと、簡単なことで起動するようになりました。

解決
手こずりましたが、マウスとキーボード以外のすべての周辺機器を外したら起動しました。
セーフモードでの起動を試してみるときも、周辺機器を取り外してから試してみましょう。

その後、一つずつはずした周辺機器を接続していくと、ReadyBoost専用に使っていたUSBメモリーが、読み込めなくなっていました。

そこで、ドライブのスキャンと修復を実行し、フォーマットし直してから再度設定し直すとすべて元の状態に戻り、正常に動作しています。

真っ先に試したセーフモードでの起動

あとで気付いたことですが、セキュリティーソフトのアンインストールツールを実行したのですが、「管理者として実行」するように指示があったのですが、これを忘れていました。

再起動のとき、なにかメッセージが表示されたのですが、これをつい反射的に[OK]を押して進めてしまいました。

もしかしたら、これが原因だったのかもしれません。

そして、今回のトラブルでは改善のためにいろいろ試すことになりました。

真っ先に思いついたのは、「セーフモードで起動できるのだろうか。」ということです。今回は、セーフモードで起動することはできませんでしたし、スタートアップ修復も試しましたが、改善できませんでした。

メーカーから配布されている自動診断ツールを実行してみましたが、「問題なし」という結果で、原因はつかめませんでした。

と、なんだかんだと時間がかかってしまう始末でした。セーフモードで起動を試す前に、周辺機器を外すことをお忘れなく。


今日のピックアップ

パソコントラブルが発生すると必ずお世話になるサイト「ぼくんちのTV別館
フリーソフトの使い方、動画変換の方法、Windowsの小技などを中心に紹介していくブログだそうですが、パソコントラブルの解決方法などの記事も多く、わかりやすく丁寧に解説してくれています。
今回のトラブルでもお世話になりました。
今はいいですね。パソコンが起動しなくても、スマホで解決策を読みながら操作できるのですから。
助かります。


HDDクローンを作成するのに使っている装置。
1TBをコピーするのに約2時間半かかっています。

Windowsアップデートの前にこれでバックアップしておけば、たとえ不具合があってパソコンが起動しなくなっても確実にアップデート前の状態に戻せます。
今までは、めんどくささもあって年に数回しかこのバックアップはとってなかったのですが、これからはアップデートの前には必ずバックアップするようにします。


これをパソコンのドライブベイに取り付けて、HDDを取り出しやすくしています。
※PCケースの形状によっては、取り付けはできても引っかかって取り出せないことがありますので、購入するときは注意してください。ふたがついているようなタイプはまずダメだと思います。