Windows Defender 警告
タスクトレイのWindows10 Defenderのアイコンにいつからか警告マークがついていました。
うちのパソコンには、スーパーセキュリティが入っていますので、Defender自体が無効になっているはずなので、無視してもいいと思うのですがやはり気になります。今回はこの警告を解除してみます。

「ランサムウェアの防止」という項目に警告マーク

うちの場合、原因の箇所は「ランサムウェアの防止」でした。
OneDrive と連携する設定が必要みたいですが、スーパーセキュリティで対策されていますし、別の方法でファイルもバックアップしてあるので「無視」をクリックしておきました。
これで、タスクトレイのアイコンは、「処置は不要です。」と変わりました。

手順

1.タスクトレイの Windows Defender のアイコンをクリックします。

2.「Windows Defender セキュリティセンター」の画面が表示されたら、『ウイルスとと脅威の防止』をクリックします。
Windows Defender セキュリティセンター

3.Windows Defender ウイルス対策のオプションの「定期的なスキャン」をオンにします。

4.オンにすると「ランサムウェアの防止」という項目が表示されますので、『無視』を選びます。
ランサムウェアの防止

以上で、タスクトレイアイコンは変化しました。
Windows Defender ウイルス対策のオプションの「定期的なスキャン」をオフに戻しても大丈夫みたいです。

今日のピックアップ

これで安心!
外出先でのスマホのバッテリー切れを心配しなくてよくなりました。

これと、いつも持ち歩けるように5000mAhのものを購入しました。
仕事でスマホを使わなければいけない機会が増え、バッテリー切れが心配でしたが、5000mAhのモバイルバッテリーを備えていればもう安心です。

それと、一緒にお勧めしたいのが、↓

さすがに、これを持ち歩いてはいませんが、モバイルバッテリーへの充電はこれを使っています。
一日、日の当たるところへ置いておけば、5000mAhの方なら満タンになっています。10000mAhの方なら、半分から4分の3程度充電できています。
ただし、良く日が当たるとはいえ、車の中に置いておくと充電できません。
必ず、直射日光に当たるようにしておかないとダメですね。